シロツメクサで作ったリース

家庭菜園をしている場所に、初夏の草花が生い茂っています。

中でもシロツメクサが、真っ盛りです。

平凡な花ですが、温かみのある白色と丸いシルエットが清楚で、可愛らしい花です。

そんな花たちを眺めていると、無性に摘みたくなってきます。

子供の頃にシロツメクサで、王冠やネックレスを、何度となく作った記憶があります。

でも、誰も作り方を教えてくれなかったので、上手ではありませんでした。

だから今でも作り方は知りませんが、一つ言えることがあります。

花のアクセサリー作りは、簡単な様でけっこう難しいのです。

大きな物を作ると、大量の花が要るし時間もかかります。

去年のこの時期も、シロツメクサを摘み、自己流ながら苦心して、大き目のリースを作りました。

作っている間に花が萎れてしまいそうなものですが、意外と時間が経っても、鑑賞にたえます。

だから、完成したリースは木戸に引っ掛けておきました。

家族の者はそのリースを見たと思うのですが、何故かノーコメントでした。

そんなことを思い出しながら、何気なく3本の花を摘みました。

茎が長かったので、三本を束ねて三つ編みにしました。

作っている途中で「ブレスレットにいいかも」と思ったので、腕に巻いてみました。

茎の下端を、編み始めの目に差し込んだら、うまい具合に留められました。

これはひょっとして、私の発明でしょうか、それとも、もう同じような作り方を知っている人がいるのでしょうか。

このときばかりは花遊びをしそうな、「小さい子」がいないのが残念です。

ちなみに、花遊びしている時は、加齢臭の対策にサプリメントは必要なさそうです。

 

 

仕事に対する考え方

私は午前中は与えられた仕事を、ただ淡々としています。

でも、一旦休憩に入り再び仕事を始めると、先ほどと同じ仕事をしているにもかかわらず、そんなに時間が経っていないのに疲れを感じます。

それは身体的に疲れているというわけではなく、ただ淡々と同じ仕事をしているためだと思います。

そのため、計算を間違えてしまったり、色々考え事をしながら作業したりしているから、体がダルい感じがするのです。

それでも、分からない所があれば、自分でマニュアルを見たりしながらの繰り返しの作業です。

それ自体が嫌ではないのですが、どうしても同じ仕事を続ける事で精神的に疲れてしまいます。

そして、昼食をはさんで午後になると、急に眠気が襲ってくるので、それと闘いながら仕事をするのはとてもきついです。

そのようになる度に、いつも夜は、きちんと寝ておけばよかったと後悔します。

仕事が終わって掃除をする時間になると、体を動かすので、今までの眠気は嘘のように吹っ飛びます。

いつも仕事の日は、このような事の繰り返しです。

このままこのような仕事を続けても、給料はもらえますが、自分の中で変わり映えのしない毎日に何か納得できません。

なお、私の会社では、毎日の仕事量がどれだけ出来たかが、数字になって現れます。

それを少しずつ増やせるように努力することで、眠気を覚えている暇も、考え事をしている暇も無くなるように努力はしています。

少しでも仕事量が増えた日は、自分の中でとても嬉しいですし、達成感も生まれます。

また、その成果に対して、たまに上司にほめられたりすることもあります。

こんな感じで、もっとやりがいを持って仕事をすることで、毎日が楽しくなると思うので、仕事に対する考え方を変えていこうと思っています。

ちなみに、3か月ぐらい前までは、便秘がひどくて仕事ももっとつらかったのですが、濃い藍の青汁の効果で、体はずいぶん楽になりました。

 

 

自分の身によく起こる不思議な出来事

実は、もう何年も悩まされている事があります。

私は自分自身の容姿に全く自信が無く、服装や髪型も地味である事を自覚しています。

買い物も一人で行く事が多く、それを寂しいと思った事はありません。

むしろ、誰にも気兼ねする必要も無く過ごせるので快適です。

しかし、これらの事がどうやら悩みの原因にもなっていると最近分かり、更にガックリと気持ちが落ち込みがちになっています。

私が何年も抱えている悩み…それは、変な人に目を付けられ易いという事です。

スーパーやショッピングモール等で買い物をしている時、犬の散歩をしている時等、見知らぬ人にジーッと見られながらずっと後をつけられたという事が何度もあります。

しかも、そのどれもが違う人で、そしてその人達は全て男性である事、何となく身に纏っている雰囲気が尋常では無い感じである事等が共通項です。

常に小声で何かをブツブツ言いながら、真っすぐこちらを見据えて後ろをついて来られた時は怖かったです。

早足で突き放そうとしても、向こうも早足になって追いかけて来た時は、本当に恐怖で一杯になりました。

こんな事がよく自分の身に起こってしまうので、何故自分ばかり!?といつも思っていました。

そこで友人にこの事を相談した所、どうやら私の雰囲気や見た目がそういう人を引きつけ易いのではないかという結論に達しました。

大人しそうで地味、単独行動をしているという点が特に原因に当たるみたいです。

でもだからと言って、派手な服装や髪型にする訳にもいかず、常に誰かと行動するにも限界があります。

そのため、もしまたそういう人に会ってしまったら、出来るだけ毅然とした態度で過ごしたいと思っています。

こちらから面と向かってハッキリとした態度でいれば、向こうも気迫に負けて諦めるかもしれません。

なので、普段から姿勢を正して、シャキシャキと明るく過ごす癖を付けていこうと思っています。

まずは、体を元気にするために、葉酸サプリを飲み始めようかと考えています。

今はママニックとベルタの口コミを読み比べているのですが、どうやらママニックの方が私には合ってる感じがします。

 

 

釣りは最高の趣味だけど唯一の悩みが・・・

私の趣味の一つは、釣りです。

『釣り』と一言で言っても、様々な種類の釣りがあります。

また、それぞれの季節によって、釣れる魚が違ったり、同じ魚でも、季節によって脂の乗りが違ったりするので、とても奥が深いです。

竿を垂らして、当たりをひたすら待つ釣り方もあれば、アグレッシブに、ルアーを動かして、魚を誘う釣りなど多種多様です。

その中でも、私が得意にしているのが、ルアー釣りです。

エサではなく、ルアーを使って、自分で釣り上げたという感覚が、何といっても、この釣りの醍醐味です。

釣りをしていると、時間が経つのが早く感じるのです。

なぜなら、普段の生活では考えられないような集中力で、つり糸から伝わる全てを感じ取っているからだと思います。

そして、集中しているので、朝から晩まで一日中であっても、信じられないような集中力で釣りをし続けることが出来るのです。

といっても、やはり最大の楽しみは、自分で釣り上げた新鮮な魚を、自らで料理して食することです。

以前、スーパーの鮮魚部門で働いていたこともあるので、捌くことができます。

そのため、刺身や塩焼き、煮付けなど、色々な調理をして、新鮮な魚の味を楽しみます。

自分で釣り上げた魚を食べるのは、店で買ったものを食べるより、どこか満足感があります。

また、釣りをしている時の話を、仲間とああだこうだ言いながら食べるのも最高のひとときです。

魚がヒットしたときの興奮や、釣り上げたときの喜びを味わえ、その上食べることができるのが最高の幸せだと思います。

そんな私でも、唯一の悩みがありました。

それが便秘で、トイレに行く度に苦痛で、毎回もがき苦しんでいる状態だったのです。

その便秘も、藍の青汁を毎朝1杯飲むだけで、今までの苦痛は何だったの?っていうぐらいスッキリ出るようになりました。

今は、藍の青汁の口コミにおいしい飲み方などもいっぱい書いてあったので、それを一つづつ試している途中です。

 

 

歩いて健康と笑顔の私のウォーキング通勤

私がウォーキングを始めたきっかけは、特に“趣味として始めよう”とか“健康のために毎日どれくらい歩こう”などと気構えて初めたわけではありませんでした。

訳あって車通勤ができなくなり、よく考えると通勤手段に苦慮するような場所に“たまたま”職場があったことで、「あら、仕方ない」と歩いて通勤。

それがきっかけで、かれこれもう8年近くになるでしょうか?

一体、一日どのくらい歩いているか、万歩計で自己調査してみました。

家を出たところからスタート、帰宅したら数字を見る感じです。

そこそこ幅はありますが、仕事に行っているときの一日当たりの歩数は、1万4000歩~1万7000歩くらいでした。

特に、普段鍛えている訳ではありませんので、1万7000までいくと流石にクタクタです。

「継続は力なり」と言いますが、ある程度の年数が経ってくると、他の人(そんなに歩かない車利用の人)との差というのを感じてくるようになります。

姿勢がいいとか、動きがテキパキしているとか、風邪をひきにくいとか、別に歩いているからというわけではないのかもしれません。

ですが、周りから「やっぱり毎日歩いてる人は違う」と、言われることが多々あります。

また、歩くことで血液の循環が良くなるからでしょうか、女性に多い“不眠”や“便秘”などが皆無です。

歩きながら目に入ってくる景色になにをか思い、ふと気が付くと、色々な考え事をしていたりします。

そして、何だか心や身体に“うっ血”していた不要ブツが、歩くことで“浄化”される思いがしています。

堅苦しく義務にしないで、気持ちのいい距離を気持ちよく歩くことから始めると良いですね。

でも、歩いた後は汗をかいているので、体臭が臭い人は通勤は要注意ですよ。

 

 

お買い物で春モデルを買う際のポイントとは?

2月も後半になりましたね。

私は、今年に入ってからこれといった大きな買い物もせず、小さな日用品をちょこちょこ買う程度であまり洋服やコートといった部類のものは買っていません。

しかし、買い物をするなら2月が1番!というようなこんな情報を手に入れました。

その理由は、「冬物一掃セール」や「在庫処分」「決算セール」といったセールが多くなるからだそうです。

寒いとなかなか外に出るのもおっくうになってきます。

ですが、そうすると当然お買い物客も減るようになるので、お店側でも購買意欲を高めるために値段を安くして集客を狙うそうです。

もうしばしば目にしているかもしれませんが、2月中旬になると店内に春ものや春モデルのものが店頭に並びはじめます。

なので、冬物、冬モデルは型落ち品として大幅値下げの対象になることがとても多いそうです。

しかし、値引き率が高いものほど売れ残りであるということも念頭に置いておくことも大切です。

そして、自分自身の好みに合っているか、汎用性はあるか、定価でも買おうか悩んでいたか、などを考慮しながら購入するようにしましょう。

また、プレミアムフライデーの影響もあり、安さに拍車がかかることが考えられるそうです。

そもそも、プレミアムフライデーとは、月末の金曜日に早く仕事をあがって買い物や食事に出かけることをすすめるキャンペーンのひとつです。

なので、ただでさえ安い傾向のある2月ですが、このプレミアムフライデーとかさなることでより販売競争が高まりセールに拍車がかかると考えられます。

これを狙って、今月末は買い物に出かけてみようかと思いました。